excitemusic
トンとコズエの世界旅行なり  12月27日に無事帰国しました♪
by chiro3164
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:インド日記( 79 )

祝♪退院

c0073936_2137383.jpg

ともちん2泊3日の入院。
看護婦さんと仲良しに♪

c0073936_2140198.jpg

アーグラー滞在1週間目にしてやっとこさタージ観光!
入場料約2000円は高いよ~
でもキレイだし一度は見る価値ありかな~

c0073936_21402430.jpg

タージの対岸。
あっちに黒のタージマハルができるはずだったのね・・・
乾季のせいか川の水量少な目なのかな?
by chiro3164 | 2006-05-09 21:41 | インド日記

★タージマハル★

c0073936_2123798.jpg

いついってもすごい人。
空いているときなんてあるのかなぁ・・・
夕方の方がすごい混んでるきがする。


中は土禁!
脱ぐか、こんなんかぶせるか。
c0073936_21252337.jpg



模様細かくてキレイ★
c0073936_21261886.jpg

by chiro3164 | 2006-05-09 21:26 | インド日記

インド写真INアーグラー

c0073936_21184225.jpg

番犬・・・!?

c0073936_21211796.jpg

タージマハルの前の門
by chiro3164 | 2006-05-09 21:21 | インド日記

インド歩数決算!

総歩数  456805歩  合計58日間

1日平均  7875歩

最高歩数  22840歩  トモちゃんを引っ張りまわした日。

最低歩数  0歩      お腹を壊して寝込んでいた日。
by chiro3164 | 2006-04-13 20:32 | インド日記

●インドまとめ●

「インドははまるか、2度と行きたくなくなるかどっちからしい」

よく聞く事などで、2人ともどっちになるか楽しみだったのだけど・・・
実際行ってみたらどっちつかず!!
「2度と行きたいわけじゃないけど、まぁ当分はいいかな~」って感じです。


1ヶ月位経ってから書くから思い出が美化(?)されている部分が多少あるかも
しれない。
インドからタイに帰るときなんか「やった~!」とか言ってちょ~うれしかったし(笑)
いきなり下痢&高熱に襲われて散々だったし、ごはんも食べれなくて
辛かった・・・・移動も長いし、時間通りに着かないし・・・・街中臭いし!!
って、あれ??マイナスイメージばっかり浮かんでくる。
美化されてないか~

でも「行かなきゃよかった~」とは思わない。
物乞いとか話に聞いてはいたけれど、聞くのと、実際目の当たりにしてみるとでは
全然ちがう。
カーストが根強く残っているのを生で感じられたし、人間のいいところ、汚いところ
がめちゃくちゃ混ざり合ってるな~って感じでした。
騙そうとしてくる奴も多いし、親切にしてくれる人も多い。
つーか何処に行っても話しかけてくる人が多い!!!


ジョードプルで出会ったエリック。彼との出会いもかなり重要!!
エリックと話して、いろんなことの考え方が変わったな~。
日本からともちゃんが合流して3人旅になったり、それもすごいいい思い出★
かなり楽しかった~「トンぶらりん★3人旅」。


ちょ~つらかったけど、いい出会いや楽しかったり、刺激的な出来事が多かった。
「食事の大事さ」も痛感して少しは好き嫌いが減ったのも良かったことかも!
世界遺産の遺跡なども見る価値はあると思うし、いろんな面で人生に1度は
行ってみたらいいんじゃないかな~と思う国です。

最後に気になることは・・・・
インド人ってポイ捨てが基本らしい。電車でも窓からぽんぽん捨てる。
東南アジア圏では珍しいことではないんだけれど、インドの人口で考えると
(21世紀中には中国抜いて世界1位になりそうな勢いの人口・・・)
線路ごみで埋まりそう。街もごみで埋まりそう。
それがすごい気になる・・・

こずえ


インドの旅。
楽しかった・苦しかった・感動した・出会いがあった・お腹を壊した・カレーが
ちょっと嫌いになった・歴史があった・物乞いの人にバッグの中身を取られそう
になった・疑り深い自分が嫌になった・いかにも悪そうな人に親切にされた・
やさしさにも触れた。

2度と行きたくないとは思わなかった。

インドで感じたことは、ほぼコズエと一緒かも。
「好き嫌い」がはっきりする国みたいだけど、僕が思ったのは、
およそ何処の国にもあるプラス面とマイナス面が漠然とではなく、
はっきり主張している国なのかもしれない。

僕等が幸運だったのは、ウダイプルでラクシュミーさんとその友達や、
そこに居合わせたエリックと出会えたこと。

ラクシュミーさん達には、インド人がどのように友達に接するかを実体験を
もって教えてもらえた。君は家族だ!ここは君の家だ!みたいに、
とても密接に関係している。

もちろん、すべてのインド人がこういう感じではないかもしれないけど、
大体の人がラクシュミーさん達みたいなのではないかなー。
やさしい人は友達じゃなくてもやさしいし、嫌な人は友達でも嫌かも
しれないけど、プシュカルさん達を見ていると、意識的ではなく、自然に
助け合って生きているなーという感じを強く受ける。
友達として、家族として当然のことなんだろう。

エリックは、勉強不足な僕らにいろいろと教えてくれた。
エリックが話すことはすべてが興味深くて、そしてすんなりと受け入れる事が
できる。さらに、結構考えさせられる話なんだよなー。
日本人がよく使っている「これも何かの縁」という言葉。
この「縁」をエリックなりに深くとらえていて、そして実生活において重きを
おいている。「縁」という言葉がもつ必然性について考えさせられるきっかけ
をあたえてくれました。

結果的には、どこの国に行ってもそうだけど、
僕等にとってインドの旅はプラス。
旅で感じられることのおよそすべてのことを感じることができたのかも。
安全だけじゃない旅、楽しいだけじゃない旅。
でも、それだからこそ帰ってきてからの思い出も深い。

インドで一番良かったことというより、
インドに行ったということ。

その事実が、インドで体験できたことの全てが、
一番良かったことなのかもしれない。

とん
by chiro3164 | 2006-03-25 17:38 | インド日記

310日目 まじお尻痛いです・・・

c0073936_20423310.jpg


怒涛の42時間移動です!!
マジ疲れた!!マジ臭い3人組みです!!

22日の夕方6時頃ネパールから夜行バス。
23日の昼からインド・パトナーへ昼バス。
24日深夜1時のコルカタ行きの夜行列車に乗り込み、
到着したのが24日の昼12時です・・・・

トンぶらりん始まって以来の大移動だったー
「こんなに移動ばっかりでまたともちゃん入院しちゃわないでよー」
(もう入院はネタになってる・・)
なーんていっていた私が偏頭痛に襲われてダウン・・・
ネパールは涼しかったけどインド入国してからすごい暑さ!
2ヶ月前とは全然ちがうコルカタの気候にダウンです。
でも2日ぶりのシャワーを浴びて復活!!
勢いで移動してきたのでこのまま深夜1時45分のバンコク行きの
フライトをGETする為タイ航空オフィスへ!


ここまできたらコルカタには1泊だってしたくないんです!
暑いし、2ヶ月前に最初におなかこわした街だし!
無事に今夜のチケットがとれたので、昼から夜にかけて
宿をとって休憩です。んがー!
これでともちゃんのバンコク滞在も1日延ばせたしよかったー!

夜、空港に向かうTAXIの中で運チャンが口ずさむ歌、
人だらけの町並みをみながらちょっとしんみり・・・
ともちゃん&とんちゃんは「もうインド最後か・・・
なんだかさみしいね・・・」
と言ってましたが私なんか大喜び・・・
(しんみりはしたけどね。)
もう気持ちはタイ!ああーはやくタイの屋台食べたいわー☆

バンコクから来るときの機内食はステーキだったので
期待しまくりでいたらでてきたのはチキンカレー!!
ビーフとゆう選択しも無い!!しかも辛いよ!!

最後の最後にやられた感じ・・・・

バイバイ!インド!
今はもう行きたくないけど、また行きたくなるのかな?

今日の歩数 10932歩 こんなに歩いてたのか!?


2006 2・24 こずえ
by chiro3164 | 2006-02-27 20:34 | インド日記

309日目 やっぱしそうくるかー!!

国境の街、ビールガンジへは朝の9時半ごろ到着。
リキシャーに乗って、これから先のチケットをもら
える旅行会社を訪ねました。

ネパールからインドに抜ける陸路のルートはとかく
悪評高いのです。
内容は、カトマンドゥから国境の街までは順調に来
るが、国境を越えた街からその次のバナラシに行く
までのバスが無いといわれるケース。

大抵の人がカトマンドゥからバナラシやパトナーへ
の通しチケットを買っているので、国境からバナラ
シやパトナーに行くまでが損になります。
抗議をしても、国境を越えた旅行会社はお金を払っ
た旅行会社とは関係無いといい、直接カトマンドゥ
の会社に文句を言えといわれるのです。
国境を越えてしまっている旅行者は国際電話をかけ
るか、カトマンドゥに戻るしかないわけですが、カ
トマンドゥまで戻るお金を考えると先に進むほうが
安上がりになるわけです。

僕らはパトナーまでのチケットを買っていました。
そこで、旅行会社の兄ちゃんが言った言葉は、
「君たちが乗ってきたバスが遅れたので、君たちが
乗る予定だった朝のバスはもう出てしまった。
後は夜の9時にならないとバスが無いよ」
といったものでした。
ふざけるなー!!12時間くらいあるじゃん!!

これは騙されたというよりはバスが遅れたから仕方
が無いと思われるケースかと思ったのですが、やっ
ぱしなんか胡散臭い・・・
まず第一に、遅れることが大前提みたいなネパール
のバスで、ギリギリの時間をたてていること。
第二に、他の交通機関も朝と夜の2便しかないうえ
に、バスのチケットは夕方の5時にならないと発券
してくれないと言ったこと。

主に第二の理由から胡散臭いと感じたのですが、
その訳は、インドは列車は本数が少ないけど、バス
は必要ないほど多いのです。したがって、1日2便
しかないというのが信じられない。
そして、チケットの件は旅行会社なのだから発券し
てくれないどころか、客の確保に必死のはずなので
す。だから早々にチケットを売りたがるもんです。

ここはネパール側なので、一度出国したら帰ってく
るのにもう一度ビザをとらなくてはならない。
だから、この旅行会社の代理店のような兄ちゃんの
真偽を確かめる術が国境を越えることなのです。
そうすると、夕方5時まで発券してもらえないから
いまいこうとすれば、チケットを捨てることになる

僕らが行けと言われたのは旅行会社ではない店だ
から、兄ちゃんは僕はチケットを渡すだけだと言い
張る。旅行会社に説明や返金のために電話をしろ
といっても、のらりくらりといつまでたっても電話し
ない。

僕らは一日も早くカルカッタに行き、出来ることな
ら一日早くタイに飛びたいという気持ちがあったの
で、無駄な時間を割くわけにはいかないし、モタモ
タしてると、パトナーからカルカッタまでの鉄道を
予約するのに間に合わないと考え、かつ、このまま
このままここで待ってたら、終いにはその夜のバス
がいっぱいだったとかいわれて、国境もしまって、
越境すらできなくなるかもしれない危険性が信用で
きない旅行会社に対してあったので、自分を信じて
越境することにしました。

長々と書きましたが、結局チケットを自分から破棄
したということです。だまされたのかは分からない
けど、待つなら移動したかったんですなー。

苛立ちをおさえながら越境。
イミグレのおっちゃんにパトナー行きのバスはあり
ますか?と聞くと、「メニー バス!」と一言。
やっぱりねー。バスが2本しかないわけがないだろ
う!やっぱしアイツは嘘つきだった。

インドに一歩足を踏み入れただけで、物凄い人間
の数・・・。さすがインド、人口が中国にほぼ並んだ
だけのことはある。しかも臭い・・・

結局、13時頃のバスに乗ってパトナーへ。
インド側国境の街、ラクソウルからパトナーへは、
およそ6時間から8時間かかると言ったインド人が
多かったので、もしかしたら8時くらいまでに着ける
かもしれない。そうすれば、明日の鉄道の予約が
できるんです。

かすかな期待を胸にバスは出発。
でも、やっぱりここはインドでした・・・
ひたすら8時前後に着くことを願っていましたが、
パトナーに着いたのは9時半頃。
こりゃー鉄道予約窓口はしまっとるわなー。

しかし、とりあえず駅に時間の確認をしに行くと、
今日の夜行でカルカッタに行く電車が2本ある・・・
もちろん夜行があるくらいのことは知っていました
が、予約をしていないと席が無い状態の2等になり
、2等はインド人がひしめいているので、できれば
避けたい。短い時間なら楽しいのですが、長時間
でしかも夜行だと、盗難の危険もある・・・

とりあえず、寝台がとれるか聞いてみようということ
になり、聞いてみると、列車の鉄道員に直接聞いて
見るしかない、今、この駅では席を確保することは
できないといわれました。

しかたない・・・
僕らはハラをくくりました。
乗車券だけを買って、寝台が鉄道員からとれなか
ったら、2等へは行かずに連結部分で夜を明かす
ことにしたのです。

夜行での移動の後にまた夜行で、身体は臭いし
頭は痒いし、座りすぎでおしりは痛いし、疲れ
はてていますが、おいしいタイ料理を目指して
頑張ってます。

結局、駅で説明してくれた係員が優しい人で、
列車が着いた時に直接交渉してくれました。
そのおかげで、簡単に寝台3席をゲット。
やったー!!足を延ばして寝れるーー!!!

足を延ばして寝る!人間はこれに限ります。
とにもかくにも明日はカルカッタ。
26日から25日のフライトに変更できるといいな

ネパールからインドへ抜ける人は気をつけて
下さい。国境までのチケットを買った方が無難
だと思います。

本日の歩数 9727歩 疲れた・・・

   2月23日  

           ホントに・・・疲れました・・・ 
           写真は全く撮ってません。

                           とん
by chiro3164 | 2006-02-27 20:34 | インド日記

303日目 やっとみえましたー!

さりげなくポカラ最終日です。
ポカラにくる人はやはりトレッキング目当ての人が
多く、トレッキングが目当てではない僕らは本当に
何もしていませんでした。というのも、ポカラに
着いてからずーっと曇り空だったからなんですなー。

しかし!前日に雨が降ったおかげで今日はかなり快晴。
朝食を食べに行こうとしたぼくらは宿のおっちゃんが、
「今日は晴れてるから、アンナプルナやマチャプチャレ
(山)がよく見えますよー」という一言に一瞬にして
今日の予定を変更しました。

お昼になると霧(?)がでてきて山がよく見えなくなる
というので、俄然あせる3人・・・
急いで準備をして、朝食はテイクアウト、そして宿の
おっちゃんが迅速に呼んでくれたタクシーに飛び乗って
サランコットという展望台がある山に行きました。

サランコットの展望台までは車から降りて30分ほど
歩いて登らなくてはならないのですが、日頃から運動不足
の僕らにはこんなに短い道でもかなりきつい・・・
ゼーゼーハーハーいいながら、早くしないと山がキレイに
見えなくなるかもという焦りや、運動不足からくる息苦し
さと戦いながら登りました。
c0073936_19335342.jpg


いざ登ってみた所は展望台というよりは、軍隊の見張り台
といったもので、軍人さんが10人ほどつめていました。
雪山が久しぶりだったということもあるし、少しだけど
山を登って絶景をみたという達成感が山をより美しく見せ
てくれたみたいでした。
c0073936_19325030.jpg


所要2時間ほどで戻ってきて、今度は買い物に出かけまし
た。(もちろんかなり休んでから・・・)

特にお目当ての物というのはなかったけど、物々交換や
値切ることが面白く、買い物が楽しい街です。
ぶらぶらブラブラと散策しながら少しずつお土産を買って
いきました。

ネパールにきたら、売り手もしつこくないし、金額は大体
半額くらいまでにはなるので値切りがかなり面白いです。
(その分、最初の言い値がぼったくりってことだけど・・・)
しかも大体こっちの言い値が通ってしまうのです。
もちろん最初は「ノーポッシブル」とか「ノービジネス」
とか言われるけど、じゃーいいやーとか言って店を出て行こう
とすると値段が下がる。それで自分が買いたい値段になるまで
繰り返すのです。
こちらの言い値がそれほど安いものでなければ大抵こちらの
言い値が通ります。これが面白いんですなー。

でも、結局物々交換はなかなかいいものが見つからず交換せず
終い。サクマのドロップとかテトリスといった奥の手を用意し
てたんだけどなー。残念。

ポカラはのんびりできるし、買い物も安いし、山もキレイ。
夜は静かでぐっすり眠れるしとかなりいい街でした。
いきなりこんなのんびりできる街にきちゃったから明日行く
カトマンドゥがインドばりにうるさく感じるかもなー・・・
でも日本食がうまいらしいからよし。
こずえのお目当ては日本食だし。

本日の歩数

2月17日 16606歩

山登りと買い物でけっこう歩いたなー。

とん
by chiro3164 | 2006-02-20 00:33 | インド日記

299日目 ネパールに向けて出発!!

さあて!いよいよネパールに向けて出発する日です。
チケットはバナラシからポカラという場所までの通し
のチケット。1泊2日の行程です。

ネパールについては2月8日の選挙があり、それ以前は
マオイストと呼ばれる抵抗組織の活動が盛んとなって、
夜間外出禁止例がだされたり、交通機関の麻痺、ゼネスト
などで、行けるかどうかすら怪しかったのですが、選挙が
終わってからは至って平穏な様子。
ネットで調べたり、宿のおじさんに調べてもらったりして
まぁ行けるだろうと判断しました。
c0073936_19563810.jpg


朝の7時半くらいにバスが出発する旅行代理店の前に集合し
て、バスが出発したのは9時半・・・
まあインドってこんなもんだよねー。

バスに乗ってみて驚いたのは、イスとイスの感覚が信じられ
ないくらいに狭いーーー!!!
コズエとかトモちゃんが座っても足が、っつーか膝が前の
座席にあたってしまい、足を開いて乗るか、通路にだすか、
横にならべてみるかするしかない・・・

バスを待ってる間に知り合ったユウキさんなどは身長が180
センチもあるので、前をむいて座ることすらできない。
終始通路に足を出して半身になって座ってました・・・
僕も、足があたりまくるので、背筋をずっと伸ばして、足を
まげて、なんとかすわりました・・・
これで10時間・・・
耐え切れるのだろうか・・・??
c0073936_19573035.jpg

※頼れる兄貴という感じのユウキさん。日本の近況を教えてもらいました。
 この写真・・・俺が真ん中過ぎ・・・

いい加減辛い!と思うくらいの感覚で休憩があり、なんとか
体をだましだましがんばり、日が沈んだころに、両国間国境の
街であるスノウリに到着しましたーーー!
やったー!やっとこのバスから降りられるーーー!!

インドのイミグレをなんなく通過し、そこはもうネパール。
やっときたー!モモ(チベット餃子)くいてー!!
イミグレから歩いてすぐの今日の宿までいってやっと一息。
宿はお世辞にもきれいとは言い難く、かなり汚い。
まあ通過するだけだからぜんぜん我慢ができる。

早速、近くのレストランでモモを注文すると、今日はモモは
ないとのこと・・・残念無念。
そのかわり、これも名物のトゥクパと呼ばれるチベットの
麺料理を食べました。
でもねー。ここは国境です。
高い割にはおいしくなくなんかがっかり。
もっとちゃんとしたところで再挑戦だなー。

明日は6時半の出発。
ちゃんと時間どおりに出発するだろーか?
バナラシでものんびりしたけど、ポカラはトレッキングを
しない人にとってはのんびりしそうな街だから、とりあえ
ずは癒しのネパールを満喫しますかなー。

本日の歩数

2月13日 4539歩

膝が・・・痛すぎです・・・
明日のバスは普通でありますように・・・
とん
by chiro3164 | 2006-02-19 23:29 | インド日記

298日目 バナラシ最終日ー

ネパールが選挙で治安悪化(?)だったらしいのですが
選挙も終了。強制ゼネストの影響もないらしいので
明日ネパールに出発です。
選挙前なんかマオイスト(抵抗組織)のせいで夜間外出禁止令
が出て、夕方ネパール入りした旅行者はバスで朝まで待機だったり
昼までも外出禁止例が出て具合悪いのに病院いけなかったりなど
旅行者にとってはかなり迷惑な状況でした・・・
テロとか心配だなぁ。

夕方からガートを散歩。
大きいガートで毎日行われているプージャ(お祈り)を見にいったら
すごい人!毎日こんなんなのかーすごいなぁー
宗教と生活の親密さをインドではすごい感じました。

c0073936_2015471.jpg

そして人のうざさにうんざりです・・・
とんちゃん・ともちゃんは受け答えていたけど、心の狭い私はそれすら
出来ないくらいイラつきましたー!!
ああ・・・はやくネパールに行きたいよう・・・
ゆっくりガートでガンガーを眺めていたかったけど、日本人には
無理なような・・・絶対誰か話し掛けてくるもん・・・

そして夜はトランプ大会最終日!
明日は朝から移動なのではやめにお開きにしましたが、
またかずさん・さちこさんとはカトマンズで再開できそうなので
そしたらまたトランプです!!

c0073936_2022652.jpg

※Tシャツをペイントしてる兄ちゃん・・・地道な作業ですな・・・

今日の歩数 13893歩 アッシーガート方面は行かなかったの
ちょっと後悔・・・おいしいアップルパイ
屋があったのです・・・


2006 2・12 こずえ
by chiro3164 | 2006-02-19 23:29 | インド日記